文字の大きさ

検索

menu

 

相談する

相談で得られる効果やメリットは?

社内及び社外(業界及び他業界)の情報の整理、情報の意味づけ

  • 社内にある情報、業界及び他業界の情報を分かりやすい形で整理・可視化することにより、情報の意味づけができ、問題に対する認識が整理できます。
  • 整理・可視化された情報を使えば、取り組むべき課題に関する対策等の論理的検討が加速できます。

専門家の助言・意見

  • 特定の領域に関して深い知見をもつ専門家による助言は、相談者の課題を解決する方策に対しヒントを与えることがあります。
  • 専門家の意見は、ときとして“目から鱗が落ちる”ような、社内人材だけでは気づかない視点を提供することがあります。

社員力を高めるプラン策定と会社力を高める意思決定

  • 専門家の知見やノウハウの一部が社員に移転され、プラン策定等における社員力を高め、会社力も高めることがよくあります。
  • 社員力の向上とともに、意思決定者による意思決定の妥当性も高まり、会社の成長がより強く期待できるようになります。

どんな相談支援窓口を利用できるか?

他の公的支援機関と連携して実施する相談支援サービスについて

お役立ち情報


[この記事の最終更新日 2018年11月14日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財活用支援センター 総括担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3852
Fax
03-5843-7692

ページトップへ
ページの先頭へ戻る