文字の大きさ

検索

menu

 

特許情報プラットフォーム機能追加・改善予定について


下記【スケジュール1】~【スケジュール2】のとおり機能の追加・改善を行う予定ですのでお知らせいたします。

【スケジュール1】平成29年 3月25日(当初予定の3月21日から延期)

1.印刷機能の改善

審査書類情報照会で表示される書類、パテントマップガイダンスで表示されるFタームリスト等の印刷を、レイアウトが崩れることなく行えるようにします。

2.詳細表示(特許・実用新案)のユーザーインターフェース改善

特許・実用新案の公報の項目表示の際に、画面をスクロールしても「図面」「前の文献/次の文献」を常に表示するようにします。

3.パテントマップガイダンスの分類情報への直接リンクが可能

パテントマップガイダンスの分類情報への直接リンク(例えば、メール等に貼り付けられたURLから分類情報に直接アクセスすること)が可能となります。

【スケジュール2】平成30年 1~3月頃

1.特許・実用新案検索機能の刷新

特許庁システムとの連携により、データベースの共通化と検索機能の追加・改善が行われます。具体的には、以下のような機能追加・改善が行われます。
  • 外国公報(米国・欧州・国際出願)の英語テキスト検索(機能追加)
  • 分類とキーワードを掛け合わせた検索(機能追加)
  • 合金検索サービス(機能追加)
  • 近傍検索(機能追加)
  • 国内の公開特許公報等のテキスト検索が可能な年範囲の拡大(機能改善)
  • 検索結果表示件数の上限拡大(機能改善)
 

※ あくまでも現在予定されているスケジュールであり、今後変更、追加等の可能性があります。
※ リリース日周辺はリリースに伴う作業を実施するため全サービスを停止することがあります。
※ 詳細につきましては、日程が近づきましたら改めてJ-PlatPatトップページの「お知らせ欄」及びINPITホームページでお知らせします。

[更新日:2017年3月23日]

この記事に関するお問合わせ先

知財情報部 情報提供担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線2413
E-mail
PA0670@inpit.jpo.go.jp

ページトップへ
ページの先頭へ戻る