文字の大きさ

検索

menu

 

特許法概論

特許庁の検索外注業務を請け負う登録調査機関の調査業務実施者が必要とする、特許法の知識及び新規性・進歩性等の審査基準の基本的な考え方の理解・習得を目的に、分かりやすく解説したテキストです。

特許法概論[PDF:983KB]

 
  1. 知的財産権と特許権
  2. 特許制度の目的・意義
  3. 権利主体
  4. 保護の客体
  5. 特許出願
  6. 発明の特許要件(特許出願された発明が特許されるための要件)
  7. 出願公開制度・審査請求制度等
  8. 審査(実体審査)
  9. 優先権の主張を伴う出願
  10. 国際特許出願、分割出願、変更出願等
  11. 特許異議の申立て制度(特許法第113条)
  12. 審判制度
  13. 特許権
  14. 特許権の侵害
  15. 特許出願審査・審判 系統図
参考判例
 
アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

ページトップへ
ページの先頭へ戻る