文字の大きさ

検索

menu

 

特許流通促進事業について

特許流通とは、特許をライセンス(実施権許諾)・売買等することにより技術移転を行うことを意味します。

独立行政法人 工業所有権情報・研修館では、この特許流通を促進させるために

  1. 人材活用等による特許流通の促進
  2. 開放特許情報等の提供・活用の促進
  3. 知的財産権取引事業の育成支援

の3つを柱として、総合的な事業を推進してきました。

1.人材活用等による特許流通の促進

特許流通・技術移転を促進させるためには、特許提供者と特許導入者の仲介を行う人材の存在が大きな意味を持ちます。そこで、特許流通促進を支援する専門人材(特許流通アドバイザー)を派遣し、特許流通・技術移転の仲介、相談および普及啓発ならびに地方自治体が確保する特許流通・技術移転に関わる人材(特許流通アシスタントアドバイザー)に対し指導・育成支援を行ってきました。

  1. 特許流通アドバイザーの派遣
    • 特許流通アシスタントアドバイザーの育成

2.開放特許情報等の提供・活用の促進

開放特許の流通・技術移転を促進させるためには、開放特許等に関する情報を必要な人に提供することが必要です。このため、そうした情報を質・量ともに充実させること、また情報に簡単にアクセスできることが重要になってきます。さらに、そうした情報の活用方法、活用アイデア等を提供することも必要です。これらを実現させるために、以下のような事業を推進してきました。

  1. 特許流通データベース
  2. 特許情報活用支援アドバイザー の派遣

3.知的財産権取引業者の育成支援

特許を始めとする知的財産権の取引や技術移転の促進には、欧米の技術移転先進国に見られるように、民間の仲介事業者の存在が不可欠です。我が国においては、こうした民間ビジネスがまだまだ質・量とともに不足し、社会的認知度も低い状況にあります。当館では既存の知的財産権取引業者情報を収集、データベース化し、インターネットによって無料で提供してきました。また、事業者間の情報交換等を含めた人材育成を目的とし、特許流通に関する講座やシンポジウムの開催や優秀な海外の知的財産権取引業者を招いたセミナー等を実施してきました。加えて、技術シーズとニーズの出会いの場となるよう特許ビジネス市を開催してきました。

  1. 知的財産権取引業者データベースの提供
  2. 特許ビジネス市
    • 地域版特許ビジネス市の支援
  3. 国際特許流通セミナー
  4. 特許流通講座

ページトップへ
ページの先頭へ戻る