文字の大きさ

検索

menu

 

独立行政法人産業技術総合研究所 知的財産部門

(注)本情報は、大学技術移転協議会のご協力の下、作成しています。本登録者は、大学等の技術シーズを産業界へ移転することを目的に活動しているため、民間の登録者とは掲載項目が異なります。

最終更新日

2010年9月1日

名称

独立行政法人産業技術総合研究所 知的財産部門 

所在地
〒305-0044
茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第二事業所 つくば本部・情報技術共同研究棟7階
電話番号
029-862-6158
FAX
029-862-6159
E-mail
aist-tlo@m.aist.go.jp

保有特許件数

国内: 約7,300件 / 国外(同一発明は1件): 約1,000件

提携機関

研究所の内部組織

提供するサービス分野

技術シーズの移転

業務範囲

発明の発掘/発明の特許化/特許管理/マーケティング/ライセンシング/契約実務/インキュベーション/その他

活動内容のアピール

産業技術総合研究所は、基礎的研究の成果を民間企業が行う製品化につなぐため、出口を見据えた基礎から製品化に至る連続的な研究(「本格研究」)を一貫し、我が国のイノベーション創出に貢献することをミッションの一つとしています。

知的財産部門は、産総研の研究成果を社会に効果的に還元するため、研究成果の適切な知的財産権化と活用をミッションとしています。このミッションを達成するために、(1)質の良い知的財産の創出、(2)質の良い知的財産による技術移転の促進、(3)適正実施の遂行、(4)知的財産人材の育成、に取り組んでいます。

産総研の研究成果の技術移転については、これまで経済産業省認定TLOである産総研イノベーションズ(財団法人日本産業技術振興協会の独立事業部門)を通じて行ってきましたが、平成22年4月1日より、知的財産部門に技術移転室を設置し、産総研が直接技術移転業務を行う体制へと移行しました。

技術移転室には、ライフサイエンス、情報通信・エレクトロニクス、ナノテクノロジー・材料・製造、環境・エネルギー、地質および標準・計測等の科学・技術、ならびに知的財産に関する法務や契約に精通した技術移転マネージャーを配置しています。産総研が保有する技術、ノウハウ等の知的財産を効果的に産業界へ技術移転することに努め、産業振興に一層の貢献を果たしてまいります。

得意とする技術分野

電気・電子/情報・通信/機械・加工/輸送/繊維・紙/化学・薬品/金属材料/有機材料/無機材料/食品・バイオ/生活・文化/その他

扱う知財の特徴

産業技術総合研究所では、ライフサイエンス、情報通信・エレクトロニクス、ナノテクノロジー・材料・製造、環境・エネルギー、地質、標準・計測の6分野において、基礎研究から製品化研究までの幅広い連続した研究「本格研究」を展開しており、これら6分野と融合分野を含む幅広い領域で多くの有用な知的財産が生み出されています。

これらの知的財産は、特許、プログラム、データベースおよびノウハウ等の無形財産ならびに試薬、試料、菌株、実験動物等の研究試料等の有体物に渡っており、これらすべてを扱います。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る