文字の大きさ

検索

menu

 

中央大学 産学官連携・知的財産戦略本部

(注)本情報は、大学技術移転協議会のご協力の下、作成しています。本登録者は、大学等の技術シーズを産業界へ移転することを目的に活動しているため、民間の登録者とは掲載項目が異なります。

最終更新日

2010年9月1日

名称

中央大学 産学官連携・知的財産戦略本部  新規ウインドウで開きます

所在地
〒112-8551
東京都文京区春日1-13-27
電話番号
03-3817-1600
FAX
03-3817-1677
E-mail
clip@tamajs.chuo-u.ac.jp
URL
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/clip/index_j.html 新規ウインドウで開きます

保有特許件数

国内:120件/国外(同一発明は1件):7件(出願中を含む)

提供するサービス分野

大学等技術シーズの移転

業務範囲

発明の発掘/発明の特許化/特許管理/ライセンシング/契約実務/共同研究・委託研究等の組成/その他(産学官連携に関わる利益相反マネジメント体制構築の検討)

活動内容のアピール

中央大学は、教育・研究と並ぶ大学の大きな使命である「社会貢献」を果たすため、特許庁「大学における知的財産管理体制構築支援事業」、および文部科学省「産学官連携支援事業」の採択を受け、2005年4月1日付けで、産学官連携・知的財産戦略本部(Chuo University Liaison and Intellectual Property Management Office, 略称:CLIP)を設置いたしました。
CLIPでは、持続的な産学官連携活動による「知の社会還元・研究の高度化」をスローガンに掲げ、社会の各界との交流を深めることにより、研究活動の活性化を図り、それによって創出された知的財産の適切な管理・活用を推し進めてまいります。このような活動により、教育活動も活性化されると共に、常に新しい知が学生や地域社会に還元されるものと期待しております。 また、2008年度から理工学部生命科学科を設置いたしました。ライフサイエンス分野での産学官連携も積極的に推進していく所存です。

得意とする技術分野

電気・電子/情報・通信/機械・加工/輸送/土木・建築/化学・薬品/金属材料/有機材料/無機材料/食品・バイオ/その他

扱う知財の特徴

  • 多糖類(でんぷん等)の高速分解技術
  • 分子デバイスの研究開発
  • 二酸化炭素吸収材料の開発
  • ナノ微粒子分級装置
  • 災害時斜面崩壊の予測・評価方法
  • 人間の感性・好みのモデル化と応用
  • 生物を規範としたロボットの開発 など

ページトップへ
ページの先頭へ戻る