文字の大きさ

検索

menu

 

海外進出予定です。進出国で、特許、実用新案、意匠、商標など、どれを出願すればいいですか?

ビジネス視点で知的財産網をつくる

大企業の中には、漏れのない特許網をつくるためにパテントマップを作成して分析し、特許権を取得している企業もあります。しかし、特許権を取得した数がさほど多くない会社では、あまり有効な手段ではありません。

そこで、中堅・中小企業でも、どのような権利を取得するかを検討することを目的として、自社の技術に含まれる知的財産を分析・評価するための、ビジネス視点の知的財産網というものもあるのではないでしょうか?

知的財産網の簡単な図。建設車両に関係する知的財産にも、ブランドの保証/信頼の証である商標権・購買意欲を高める意匠権・発明や考案の優位性を認める特許実用新案権があります。

上の図は、建設車両に関係する知的財産網を簡単な図にしたものです。

例えば、他社に対する技術的優位性を確保するために、建設車両に関する技術を、特許権や実用新案権として取得することができるかもしれません。

また、特許権や実用新案権を取得するために出願・開示するのではなく、ノウハウとして秘匿しておくという手段もあります。

また、購買意欲を高めるために建設車両全体のデザインを意匠権として取得しうるほか、ヘッドライト、グリルなどの部品でも意匠権を取得しうるかもしれません。

また、品質を保証したり、商品に対する信頼を維持したりするために、建設車両の商品名称や、自社の名称・マークを商標として取得する必要もあります。

このように、一つの商品やサービスには様々な知的財産が含まれており、それらの知的財産を守るための様々な手段があります。

海外ビジネスの目的に沿った知的財産権を取得する

では、これらの知的財産を守るために、特許権・実用新案権、意匠権、商標権をすべて取得すればよいのでしょうか?

海外で特許権を取得するためには、海外特許庁への出願費用のみならず、出願を代理して行う代理人費用が通常必要です。さらに、特許出願・実用新案出願の場合は、明細書の翻訳費用を含めて多額の費用を要します。

そこで、海外知的財産プロデューサーは、企業の海外ビジネスの目的に沿って、必要な知的財産権を取得する、ということをアドバイスしています。

例えば、海外の子会社に権利をライセンスしてライセンスフィーとして資金回収する場合、国によっては無審査で比較的安価に取得できる実用新案権や意匠権でよいかもしれません。また、権利取得せず、ノウハウとして秘匿する選択肢もあります。取得費用が最も安価なことの多い商標権を取得し、自社商標のライセンスにより資金回収することが適していることもあります。

遠くにいる敵に対して刀を振り回しても届かないし、目の前にいる敵に対して大砲を用意する必要はありません。海外でどのようなビジネスをしていきたいか。それに合わせて、必要な権利を取得することによって、「知的財産」を有効に活用して、投入した資金を回収し、収益を上げることができるのではないでしょうか。

進出目的・ねらい、進出国・進出形態、知財の整理/評価、知財をどう使うかなどを抽出・選択することが必要です。

海外知的財産プロデューサーは、企業の海外進出の目的、計画に沿った知的財産権の取得について、アドバイスを行っています。具体的なご相談(例えば、自社の海外進出計画を踏まえて、どの国にどの権利を出願していくか、など)をご希望の場合は、海外知的財産プロデューサーへの相談をお申し込みください。


海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)。お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。

海外知的財産プロデューサーとは?

中堅・中小企業をはじめとした日本企業の海外進出・事業展開における知的財産面の課題について、海外ビジネスの経験豊富な海外知的財産プロデューサーが、御社のビジネスプランに合わせた個別アドバイスを実施しています。

(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る