文字の大きさ

検索

menu

 

海外で知的財産権を取得するにはお金がかかると聞きますが、費用対効果をどう考えればいいですか?

費用対効果を考慮して海外ビジネスの目的に沿った知的財産権を取得する

海外で知的財産権を取得するには出願当初に必要な費用に加えて、権利取得までに必要な費用や、登録後に各国に納める権利維持費用等が必要となります。したがって、出願を決定する前に、出願を希望する国においてどの程度の費用が必要であるかの見積もりを代理人から取り、予算の想定をしておくことが重要です。

上記のとおり、海外で知的財産権を取得するには費用がかかりますので、海外ビジネスの目的に沿った知的財産権の活用を考えることが重要です。知的財産権の具体的な活用方法として、例えば差し止め請求権※の行使による競合他社製品の排除、ライセンスによる収入の獲得等があります。

費用対効果を考慮して海外ビジネスの目的に沿った知的財産権を取得することが重要です。

 ※差し止め請求権:知的財産権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対して、その侵害の停止又は予防を請求する権利


海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)。お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。
(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや 誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る