文字の大きさ

検索

menu

 

日本では商品(ラインナップ)ごとに個別に商標権を取得していますが、海外でも同じように商品ごとに個別に商標の出願をするべきでしょうか?

海外で商標権を取得するには費用がかかります。海外進出する際には、現在使用している商標を見直して商標の使用方針を検討する機会にしましょう。

海外でも商品ごとに別の商標を使用する場合、全ての商標を出願することが考えられますが、商標権の取得費用が高くなります。さらに、使用している商標が多い場合、それぞれの商標が正しく使用されているかの管理が必要となります。

商標権取得のための費用削減、商標権の取得・使用・維持管理の効率化を考慮すると、商品ごとに使用している商標をハウスマーク(会社を表す商標)に統一する、商品のシリーズごとに商標を統一するなど、海外での商標の使用方針を検討することも有効です。

海外知的財産プロデューサーは、海外への商標出願の考え方、海外での商標の使用方針の検討についてアドバイスをしています。具体的なご相談をご希望の場合は、海外知的財産プロデューサーへの相談をお申し込みください。

 


(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る