文字の大きさ

検索

menu

 

日本では長年商標権を取得することなく商品の販売を行っています。海外進出に当たって商標権は必要でしょうか。

海外に限らず日本国内でも商標権を取得することが重要です。
なぜなら、他人に先に商標権を取得されると、御社の商標を使用することができなくなるからです。

商標を長年使用しているからといって、商標権を取得していなければ御社の権利ではありません。
商標権は、原則、先に出願した者に付与される権利ですので、他人に先に商標権を取得される可能性があります。
日本でも商標権を取得していないならば、まずは、日本国内で商標権を取得することが必要です。

さらに、商標権は、国毎に認められる権利ですので、日本でのみ商標権を取得しても海外では保護されません。
よって、海外進出の際には、進出国等へ早期に商標出願することも大切です。


INPITの海外知的財産プロデューサーは、企業の海外進出計画での知的財産面でのリスクを想定し、リスクを回避する対策のためのアドバイスをしています。

海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)。お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。
 


(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る