文字の大きさ

検索

menu

 

日本で長年使用している自社の商品に使用する「商標」(出願していないマーク等)が、進出国で海外企業に勝手に商標登録されました。どうしたらいいでしょうか?

日本で商標を長年使用しているからといって、御社がその国で商標登録していなければ御社の権利ではありません。その海外企業の商標権を確認して、対策を検討しましょう。

商標権は、指定された商品やサービス毎に認められる権利です。まずは、その海外企業の商標権の指定商品やサービスが御社の商品や提供するサービスを含んでいるかを確認しましょう。 含んでいる場合、御社はその国でその商標を使用できなくなるので、以下の対策を検討する必要があります。

・商標権を消滅させるための幾つかの法的な手続きを行う。各手続きには相当の期間や費用が発生するので現地の代理人等に確認することが必要です。

・その企業から商標権の使用許諾を受ける、商標権を譲り受ける等の交渉をする。ただし、相手企業によっては交渉が難航する場合があります。

・使用する商標を変更する。事業に与える影響も踏まえて検討することが重要です。

法的手続きを取ることは、事前に十分な証拠を収集する必要があり、また、相手企業との対決姿勢を取ることにもなるので、その場合に起こりえる状況を想定した上で初めに取る手段を検討しましょう。


INPITの海外知的財産プロデューサーは、企業の海外進出計画での知的財産面でのリスクを想定し、リスクを回避する対策のためのアドバイスをしています。

海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)。お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。
 


(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る