文字の大きさ

検索

menu

 

海外に製品や技術を輸出する際に、「外為法」に気をつけたほうがよいと聞きましたが、どのような規制でしょうか?

海外に、武器などの開発などに用いられるおそれのある製品や技術を輸出しようとした際に、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)などの日本の輸出規制にひっかかってしまうと、大々的に報道がされてしまい、会社の信用に対して大きなダメージを受けてしまうおそれがあります。

したがって、海外に持って行く製品や情報が、武器などの開発などに用いられるものではないか常に意識し、外為法に抵触する懸念があれば、所管の経済産業省に問い合わせることをおすすめします。

なお、契約前のサンプルとしての持ち出しや、データのメール送信、日本での技術指導なども該当するため、注意が必要です。

安全保障貿易管理(経済産業省)新規ウインドウで開きます
経済産業省による解説ページ(規制品リスト、過去事例もあり)

海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)

お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。

海外知的財産プロデューサーとは?
中堅・中小企業をはじめとした日本企業の海外進出・事業展開における知的財産面の課題について、海外ビジネスの経験豊富な海外知的財産プロデューサーが、御社のビジネスプランに合わせた個別アドバイスを実施しています。

(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る