文字の大きさ

検索

menu

 

部品や材料を海外で調達する場合、どのような点に気をつけたらよいですか?

第三者権利への対策を行う

海外で調達した部品や材料が第三者の知的財産権を侵害していると、その部品や材料を用いた商品を販売する企業がその第三者から訴えられるなどの知的財産トラブルに巻き込まれる可能性があります。
このようなことを防ぐためには海外調達する部品や材料について事前に第三者の知的財産権との関連性を調査しておくことや、取引契約の中で調達先からの知的財産保証を取り付けておくことが必要です。

INPITの海外知的財産プロデューサーは、企業の海外進出計画での知的財産面でのリスクを想定し、リスクを回避する対策のためのアドバイスをしています。

海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)。お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。


(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る