文字の大きさ

検索

menu

 

海外知的財産プロデューサーによる海外進出支援とはどのようなものですか?

中堅・中小企業などが海外ビジネスに進出するときに、知財面は全く気に留めてなかったり、もしくは漠然と不安はあるけれど何から手をつけてよいかわからず、気にしつつも後回しにしてしまったりというケースが多くあります。しかしながら、知的財産の面で無防備に海外進出する場合、単に技術などを吸い取られる程度は日常茶飯事で、最悪の場合、事業の撤退や多額の賠償責任も負うなどの事態が想定されます。

そこで、これから海外進出を計画している企業、海外進出したものの知的財産の課題をかかえている企業において、企業の知財部門で豊富な実務と海外駐在の経験を積んだ海外知的財産プロデューサーの知見を役立ててもらうために、平成23年より、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)において、海外知的財産プロデューサー事業を発足しました。

海外知的財産プロデューサーは、
  1. 企業での豊富な知財経験と海外駐在経験を有する、知的財産のスペシャリストです
  2. ビジネスの形に応じた様々な知財リスクについてのアドバイスを致します。
  3. ビジネス展開に応じた知的財産の権利化や、取得した権利を利益に結びつけるための活用方法などについてのご提案をいたします。

海外知的財産プロデューサーへのご相談(無料)につきましては、以下の申込み先よりお申込み下さい。


海外ビジネスでの知的財産のお悩みごとがありましたら、海外知的財産プロデューサーにご相談ください(無料)

お申込み、お問い合わせは、以下をご参照ください。

海外知的財産プロデューサーとは?
中堅・中小企業をはじめとした日本企業の海外進出・事業展開における知的財産面の課題について、海外ビジネスの経験豊富な海外知的財産プロデューサーが、御社のビジネスプランに合わせた個別アドバイスを実施しています。

(注)このFAQに掲載される情報は、特に中堅・中小企業の海外進出時の知財活動に役立つことを念頭に、海外ビジネスにおいて重要な事項を中心に、誤りや誤解のないよう万全を期して作成いたしましたが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、責任を持つものでもありません。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る