文字の大きさ

検索

menu

 

事業に活かす秘密情報やデータの保護

ビジネスで不可欠となってきた営業秘密の適切な保護と管理

  • 秘密情報をきちんと管理できない会社との取引はちょっとね~」「秘密情報管理はしていると言ってたけど、あの会社、 社内規程すらないようで不安だよね」等々の声を聞くことが、増えてきました。
  • こうした声から判るように、秘密情報の保護と適切な管理は、ビジネスを円滑に進めるうえで必要不可欠なものとなっています。
  • 会社として秘匿管理する技術ノウハウ図面データなどは重要な経営資産であって、適切に保護・管理していれば「不正競争防止法」の「営業秘密」として保護されます。
  • 営業秘密が不正に外部者や内部者によって持ち出されて漏えいした場合、民事上及び刑事上の措置を講じることができます。

営業秘密を適正に保護・管理することによるビジネス上のメリット

  • 営業秘密は、他者に対して秘密にしておくことでビジネス上の価値を発揮しますが、一度でも漏えいすればその価値は失われます。技術ノウハウや重要なデータなどが海外にまで流出するとビジネスの国際競争力を著しく損ねることになります。営業秘密を適正に管理することは、会社の事業競争力を高め、経営を守ることになります。
  • 秘密管理を約束して受け入れた他社の秘密情報の漏えいを招くと、会社の信用を失墜してしまい、ビジネスに悪影響をもたらしかねません。営業秘密を適正に管理することは、会社の信用失墜を防ぐことになります。
  • 特許権を取得しようとすると、出願からおよそ18か月後に技術内容が公開されます。他者による権利侵害の立証が容易でなく、公開したくない技術を営業秘密として管理することは、会社の知財戦略の幅を広げ、事業競争力を高めることにつながります。
  • 下記のリンクもご覧ください。

営業秘密・知財戦略相談窓口 ~会社の課題解決をお手伝い~

  • INPIT(インピット)では、平成27年2月に「営業秘密・知財戦略相談窓口」を開設し、47都道府県に設置している「知財総合支援窓口」の協力も得ながら、営業秘密管理規程が未整備のままとなっている中堅・中小・ベンチャー企業の規程整備のお手伝いをしています。
  • さらに、会社の実情に合った営業秘密管理体制の整備に関する支援も行っています。特に、電子化されている書類やデータの情報セキュリティ保護に関する専門的な相談については、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)等の関係機関の協力も得ながら、対応いたします。
  • 営業秘密が不正に持ち出されて漏えいしたときの対応についてもご相談に応じており、必要に応じ、警察庁にもおつなぎします。
  • 本窓口が提供するサービスの詳細については、下記のリンクからご覧ください。

営業秘密管理された電子ファイルの存在時期と非改ざんであることの証明

  • 電子化された文書、図面、データ等の電子ファイルは容易にその内容を変更することができますが、タイムスタンプを利用すると、タイムスタンプに刻印される時刻以前にその電子ファイルが確かに存在していたことその時刻以降電子ファイルが改ざんされていないことを証明することができます。
  • タイムスタンプ業界の取組については、下記のリンクをご覧ください。
  • 我が国では従前から、国税、商取引(電子請求書、電子契約書)、医療(電子カルテ)等の分野においてタイムスタンプが利用されてきました。
  • これら分野に加え、近年、知的財産保護の分野においても、営業秘密の漏えい対策先使用権確保知財訴訟対策等のために研究開発段階から事業段階に至る各段階での電子書類の存在時刻と非改ざんを証明するタイムスタンプの利用が進んでいます。
  • しかし、タイムスタンプ付与は民間の事業者が行なっているため、利用者の立証負担を軽減するには公的機関が関与するのが望ましいということから、 電子文書に付されたタイムスタンプ(タイムスタンプトークン)を公的機関であるINPIT(インピット)が預かり、利用者の求めに応じ預入証明書を発行する サービスを、平成29年3月からスタートしました。
  • 詳しくは、下記ポータルサイトにある「タイムスタンプ保管サービス」のページをご覧ください。

「事業に活かす秘密情報やデータの保護」参考情報

 

[この記事の最終更新日  2018年8月29日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財戦略部 営業秘密管理担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3841
Fax
03-5843-7692

ページトップへ
ページの先頭へ戻る