twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

タイムスタンプ保管サービスについて

「タイムスタンプ保管サービス」の概要

  • 近年、知的財産保護の分野においても、営業秘密の漏えい対策先使用権確保知財訴訟対策等のために、研究開発段階から事業段階に至る各段階での電子書類の存在時刻と非改ざんを証明するタイムスタンプの利用が進んでいます。
  • そのような中、タイムスタンプ付与は民間の事業者が行なっているため、利用者の立証負担を軽減するには公的機関が関与するのが望ましいということから、2017年3月より、電子文書に付されたタイムスタンプ(タイムスタンプトークン)を公的機関であるINPIT(インピット)が預かり、利用者の求めに応じ預入証明書を発行するサービスを開始しました。
  • 詳しくは、下記ポータルサイトにある「タイムスタンプ保管サービス」のページをご覧ください。

[この記事の最終更新日 2019年2月15日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財戦略部 営業秘密管理担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3841
Fax
03-5843-7692

ページトップへ
ページの先頭へ戻る