文字の大きさ

検索

menu

 

活用する

知的財産の戦略的活用で得られる効果やメリットは?

知的財産の取得・活用、事業創生におけるオープンイノベーション手法の戦略的活用

  • 企業間連携による技術開発と事業創生、産学連携による技術開発と事業創生
  • スタートアップへの投資、企業買収(M&A)等の手段を駆使した成長性の高い事業の創生

ライセンスインまたはライセンスアウトによる知的財産の利活用

  • 他者の開放特許のライセンスインによる事業の創生または拡大
  • 他者へのライセンスアウト(利用許諾)による事業の拡大またはロイヤリティ獲得

差止請求権の行使、標準化等における知財活用

  • 知的財産権を使い、他者の事業に対する差止請求権を行使
  • 技術標準の獲得、クロスライセンス等の戦略的な知的財産活用

ビジネスモデルと知的財産の評価にもとづく資金調達

  • スタートアップ企業等の保有知財のデューデリジェンスを踏まえた投資の誘引
  • 中小企業等が保有する知財の価値評価を踏まえた融資の誘引

どんな支援、情報ツール等が利活用できるか?


[この記事の最終更新日 2018年11月14日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財活用支援センター 総括担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3852
Fax
03-5843-7692

ページトップへ
ページの先頭へ戻る