文字の大きさ

検索

menu

特許調査従事者の現状と今後に関する調査研究報告書

平成24年3月30日
独立行政法人工業所有権情報・研修館

(独)工業所有権情報・研修館では、企業等における先行技術調査を含めた特許調査の重要性を鑑み、特許調査に従事する者(以下、サーチャーという。)に求められる調査能力およびその育成の在り方について調査を実施しました。約100社の事業会社および特許調査会社から回答を得たアンケートやヒアリング調査結果を含む報告書をとりまとめましたので紹介いたします。
なお、調査結果の分析からサーチャー育成のための標準モデルを作成いたしましたので、企業における今後のサーチャー人材育成の参考にしていただければ幸いです。

[更新日 2014年8月13日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財人材部 調整担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3907
Fax
03-5512-1203

ページトップへ
ページの先頭へ戻る