twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

令和元年度調査業務指導者育成支援研修の開催について

令和2年2月25日
[INPIT]独立行政法人工業所有権情報・研修館
 
本研修は中止となりました。

1.研修目的

調査業務実施者に対して適切な指導ができる優秀な調査業務指導者の育成が必要とされるところ、審査基準や進歩性判断等のケーススタディのような調査能力を向上させるカリキュラムに加え、調査業務指導者が直面するような事例を用いて他の調査業務実施者や特許庁審査部の管理職とディスカッションを行うことで、指導者に期待される指導能力やマネジメント能力を身につけていただくことを目的としています。

2.募集対象者

(1)調査業務指導者候補である調査業務実施者であって、所属の登録調査機関から推薦を受けた者
(2)調査業務指導者であって、所属の登録調査機関から推薦を受けた者

3.募集定員

30名程度

4.研修期間

令和2年3月17日(火)~ 3月18日(水)

5.研修受講料

23,000円

6.研修会場

独立行政法人工業所有権情報・研修館 VDT教室(東京都千代田区霞が関3-8-1 虎の門三井ビルディング7階)

7.研修概要

  • 審査基準(座学)
  • 指導者に求められるマネジメント(座学)
  • 進歩性判断のケーススタディ(演習)
  • 調査業務実施者指導演習(演習)

8.受講申請

提出書類に必要事項をご記入のうえ、郵送してください。
※受講希望者名簿については、電子データをメールにてご提出ください。

(1)受講申請期間
令和2年2月25日(火)~3月3日(火)必着
(2)提出先
〒105-6008 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー8階
独立行政法人工業所有権情報・研修館
研修部 調査業務実施者研修担当
(3)提出書類

※受講希望者名簿については、電子データをメールにて提出ください。
なお、申請書類に著しい不備がある場合は、不受理とします。

9.受講者決定通知

令和2年3月4日(水)頃発送予定

10.個人情報の取り扱いについて

本研修の受講申請に必要な書類に含まれる個人情報は、受講資格審査、受講者一覧の作成、受講者への連絡、資料送付や本研修の円滑な運営のためにのみ利用させていただきます。他の目的で利用することはありません。

 

[この記事の最終更新日 2020年3月3日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

研修部 調査業務実務者研修担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3908
Fax
03-5843-7693

ページトップへ
ページの先頭へ戻る