文字の大きさ

検索

menu

 

調査業務実施者育成研修(法定研修)

「調査業務実施者育成研修」(法定研修)の概要

  • 特許庁の検索外注業務を請け負う登録調査機関の調査業務実施者については、平成16年の「工業所有権に関する手続等の特例に関する法律」の改正により、INPIT(インピット)が行う研修を修了することが必要となりました。
  • 調査業務実施者育成研修は、当該登録調査機関の調査業務実施者として必要な基礎的能力の修得支援を目的としており、座学やグループ討論を通じて、特許法・審査基準など特許実務に関する基本的知識や、分類・Fターム・検索ロジックの立て方・データベースの利用方法など検索実務に関する基本的知識の習得を目指します。
  • また、登録調査機関で使用する検索端末と同等の機能をもつ検索端末を使用し、検索実習指導員の指導のもと、検索報告書の作成を行う等、より実践的な研修となっています。
  • なお、本研修では、上記記載の知識の習得度を確認するための筆記試験、検索報告書の作成能力等を問う口頭試問を行います。

受講資格、優先して研修を受講できる者、受講区分の選択、研修受講料、研修会場等の詳細については、下記の書類をご覧ください。

調査業務実施者育成研修について(平成30年2月)

受講者募集のご案内(直近3カ年分を掲載)

研修の実施結果について


[この記事の最終更新日 2018年7月27日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

研修部 調査業務実務者研修担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3908
Fax
03-5843-7693

ページトップへ
ページの先頭へ戻る