twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

弊館に対する不正なアクセスに関する事案について

令和元年6月7日
独立行政法人 工業所有権情報・研修館

 令和元年5月29日(水)、弊館のJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)のヘルプデスク(外部問い合わせ窓口)で利用するメールシステムに対し外部から不正なアクセスがあったことを確認しました。
 直ちに不正アクセスを防止するための暫定対処を実施した上で、調査を行ったところ、同日、ヘルプデスクのアドレスから約千件の不正メールが外部に発信されていることを確認しました。また、メールシステム上に保管されていたJ-PlatPatの操作方法に関するご利用者様からのお問い合わせ等のメール及びそれらに含まれるメールアドレスが閲覧された可能性があります。
 なお、暫定対処後は不正なアクセスが無いことを確認しています。また、本メールシステムはヘルプデスク専用に独立して運用しており、弊館の他のシステムへの影響はありません。
 現在、弊館内にCSIRT(コンピューター・セキュリティ・インシデント・レスポンスチーム)を招集し、外部の専門機関にも協力を依頼し原因究明を進めているところです。
 弊館では、個別に本事案についてお詫びとお知らせを行うとともに、引き続き原因究明に向けて調査を進め、必要な措置を講じ、セキュリティ対策の強化、再発防止に取り組んでまいります。
 関係各位にご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

※本件問い合わせ先※
 知財情報部 宮本
 03-3580-7947

ページトップへ
ページの先頭へ戻る