twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

  • ホーム
  • 特許情報(産業財産権情報)の提供

特許情報(産業財産権情報)の提供

  • 産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標)の情報(特許情報ともいう。)は、(1)他者が有する権利の侵害回避、(2)技術開発、デザイン開発、出願等における重複の回避、(3)既存技術情報に基づく新たな技術開発方針の決定等に利用されています。
  • INPIT(インピット)では、特許、実用新案、意匠、商標に関する公報情報等を検索・調査することができる「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」によって、産業財産権情報サービスを提供するとともに、「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)講習会」を全国各地で開催しています。
  • また、高度な特許情報サービスを提供している民間サービス事業者のために、「整理標準化データ」の提供、「文献単位PDF表示/ダウンロード」のサービス提供も行っています。
  • さらに、平成27年10月1日より、イメージマッチング技術を利用して意匠公報の調査を支援する「画像意匠公報検索支援ツール」のサービス提供を開始しました。
INPITでは外国知的財産権庁との特許情報を交換しているとともに、国内の情報を特許情報プラットフォームや整理標準化データ、インターネットを利用した公報として提供しています。直接インターネット経由での提供や民間サービス事業者を経由して提供するなど、様々な形で利用者に提供しています。

「特許情報(産業財産権情報)の提供」メニュー

お知らせ
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)講習会

平成30年度講習会終了のお知らせ

画像意匠公報検索支援ツール
整理標準化データの提供

概要、仕様書のダウンロード 、お知らせなど

外国知財庁との産業財産権情報の交換と情報利活用
特許情報提供サービス事業者に関するデータ提供
調査研究等の報告書

科学技術研究者のための特許文献検索システムに関する調査研究報告書

(過去の事業)特許電子図書館(IPDL)事業

平成27年(2015年)3月まで運用された「特許電子図書館(IPDL)」に関する過去のトピックスを掲載しています。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る