twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

知的財産活用研修[活用検討コース]

 知的創造サイクルの活性化のためには、中小・ベンチャー企業や国公立の研究開発機関が創造する新たな技術等を知的財産として適切に保護・管理してビジネスに活かす「ビジネス・知財総合戦略」が重要となります。

 どのような場面で知的財産を権利として保護したり、ノウハウとして秘匿管理すべきかといった判断が難しいため、必要な権利を取得していなかった、貴重な情報が漏えいしたといった事態が生じやすくなります。

[この記事の最終更新日 2021年7月13日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財人材部 知的財産権関連人材担当

電話
03-3581-1101 内線3907
E-mail
ip-jz04@inpit.go.jp

ページトップへ
ページの先頭へ戻る