文字の大きさ

検索

menu

INPITについて

これまで‥ 
 明治20年に特許局官制が施行され、農商務省特許局庶務部内に図書館を置き、図書等の保管・閲覧を開始したことにより、組織上のスタートを切りました。その後、明治32年に「工業所有権の保護等に関するパリ同盟条約」に加盟し、同条約に基づき公報等の閲覧を行う中央資料館として、国際的な地位を獲得しました。

   平成9年には「工業所有権総合情報館」として工業所有権相談業務を加え、さらに平成13年には独立行政法人として生まれ変わり、より一層のユーザーニーズに機敏に対応する業務運営を目指してきました。
   平成16年10月から、名称を独立行政法人「工業所有権情報・研修館」に改め、対外情報サービス業務、人材育成業務等を新たに開始しました。そして平成19年1月からは、情報システム業務等を新たに開始するとともにユーザーにとってより身近な団体として活動できるよう、親しみやすく、わかりやすいシンボルマークに変更しました。平成27年2月には、営業秘密・知財戦略の相談窓口を開設し、知財の適切な管理・活用についての支援を開始しております。


これから‥  
 産業のグローバル化が進む中で、「産業のコメ」と言われる知的財産の重要性はますます高まっています。

   工業所有権情報・研修館は、産業財産権制度を利用される事業者や広範な国民の皆さまが必要とする、特許等の産業財産権情報の提供サービス、相談窓口等による情報提供と支援サービス、知的財産の戦略的活用に関するサービス、知的財産人材の育成を支援するサービス等を通じ、産業社会の発展に貢献してまいります。
 

「INPITについて」メニュー

プロフィール

当館の組織と事業概要、沿革、シンボルマークなど

所在地・交通アクセス
組織に関する情報

当館の目的、業務概要、役員・職員に関する情報

業務に関する情報

事業報告書、中期計画、中期目標、年度計画、契約の方法に関する定めなど

財務に関する情報

財務諸表、決算報告書等財務に関する情報

評価及び監査に関する情報

総務省・経済産業省の独立行政法人評価委員会へのリンク、監事の意見など

情報提供

独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律第22条第1項に基づく情報提供など

情報公開

情報公開制度の概要、開示請求の審査基準、情報公開における法人文書ファイル管理簿の情報など

個人情報保護

個人情報保護法の概要、個人情報における個人情報ファイル簿一覧など

INPITからお知らせ
外部通報窓口

ページトップへ
ページの先頭へ戻る