twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

中小企業・スタートアップの知財経営を促進します
~関係支援機関との協働支援強化に向けたアクションプランを策定~

令和3年12月27日
独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)

INPIT(インピット)は、中小企業・スタートアップの知財経営支援を担う我が国の中核機関として、中小企業庁及び特許庁と合同で、支援策の拡充や関係機関との連携強化に向けた「中小企業・スタートアップの知財活用アクションプラン」を策定しました。

策定の背景・ポイント

地域や商店街の経済活動を支える中小企業・スタートアップの飛躍のためには、大企業に比して保有する経営資源の少ない中小企業・スタートアップが、事業環境の変化に対応して自社の収益を守り、革新的な技術、アイディア、デザインを迅速に権利化・事業化し、効果的なブランド戦略を構築し、経営戦略に適切に組み込むことが必要不可欠です。

知的財産は企業価値を高める重要な経営資源であり、中小企業・スタートアップを効果的に支援するためには、知的財産関連をはじめ、様々な観点に基づく支援策をいかに有機的に組み合わせるかが鍵となります。

このような状況下において、中小企業・スタートアップは競争力の源泉である知的財産を経営に生かした取組(知財経営)の強化及び支援人材等への知財経営の理解向上が急務となっています。

以上の背景や課題を踏まえ、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)は、関係支援機関との連携を強化して中小企業・スタートアップの知財経営支援の拡充や関係機関との連携強化を目指し、中小企業庁及び特許庁と協働で、今後取り組むべきアクションプランを策定しました。ポイントは以下のとおりです。

(1)知財経営支援の中核機関(知財総合支援窓口)としての機能強化

①INPITと中小企業等支援機関とのMOU締結による組織的連携の強化

②中小企業の経営課題に対し知財を活用して解決する伴走型支援「加速的支援事業」の創設

③スタートアップ支援機能の強化

④知財情報分析を活用した中小企業等の経営戦略立案支援の開始

⑤商店街等のブランディングを支援

(2)中小企業庁及び特許庁との施策連携強化

中小企業庁及び特許庁が実施する経営支援、創業支援又は技術開発支援における知財面の課題解決に対して、加速的支援や知財総合支援窓口による連携体制を強化

MOU締結

関連資料

関連リンク

本発表資料のお問合わせ先

独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
知財活用支援センター長 岩谷
担当者:
宮本、溝口、橋本
話:
03-3581-1101(内線3852)
03-3503-6051(直通)
03-5843-7692(FAX)

ページトップへ
ページの先頭へ戻る