競争的研究費による研究成果の社会実装に向けた知財支援事業(iNat事業)

事業の目的

令和6年度から新たに開始する「競争的研究費による研究成果の社会実装に向けた知財支援事業(IP Acceleration program for National R&D projects)(以下「本事業」という。)」は、我が国の競争的研究費制度 に基づく公的資金が投入され、かつ、革新的な成果が期待される研究開発プロジェクト(以下「国プロ」という。)を推進する大学、研究開発機関及び技術研究組合(以下「研究開発機関等」という。)ならびに国プロの資金提供元であり、複数の国プロをマネジメントするファンディングエージェンシー(以下「FA」という。)に対し、知的財産マネジメントの専門家である知財戦略プロデューサー(以下「知財PD」という。)を派遣し、当該国プロの初期段階より知財の視点から研究開発成果の社会実装を見据えた戦略の策定及びマネジメント並びに当該社会実装を加速する活動を支援するものです。

令和5年度までの「知的財産プロデューサー派遣事業」(以下「前事業」という。)からの変更の主なポイントは以下の通りです。

 
  • 支援年数の上限がなくなり、10年に渡る長期国プロでも継続支援が可能に
  • 国プロの進捗に応じて、必要な時期に必要な分の知財支援を行うことが可能に
  • より多くの国プロを支援できるよう、FAへの派遣が可能に

事業の概要

本事業では、INPIT内での審議の上、支援対象として採択した国プロを推進する研究開発機関等又は国プロの資金提供元として国プロをマネジメントするFAに知財PDを一定の期間派遣して支援を行います。

  • 事業概要_画像

画像をクリックするとPDFファイル[PDF:187KB]が開きます。

支援スキーム

知財PDは、知的財産関連実務を行うスタッフとしてではなく、プロジェクトの研究戦略や事業戦略を踏まえ、国プロを推進する研究開発機関等のプロジェクトリーダー(PL)又は国プロの資金提供元として国プロをマネジメントするFA内の担当者(以下、「プロジェクトマネージャー(PM)」という。)を補佐し、必要に応じてINPITから派遣する他の専門家と連携し、知財の視点から研究開発成果の社会実装を見据えた戦略の策定及びマネジメント並びに当該社会実装を加速する活動を支援します。

本事業には、次に示す支援スキーム(1)~(3)があり、それぞれ派遣先や支援日数、支援内容などが異なります。いずれの支援スキームにおいても、採択後に作成する支援計画に基づいて知財PDが1年間の知財支援を行います。

支援スキーム(1)、(2)では、国プロごとに支援上限日数(通算)が定められます。申請者には申請時に、当該支援上限日数を超えない範囲で、今後1年間に必要な支援日数(年間最大90日まで)を記載いただきます。知財PDによる支援日数は、申請時の支援希望内容と支援希望日数を踏まえてINPITが決定します。また、翌年も継続して支援を受けるためには、年1回の継続審査を通過する必要があります。
支援スキーム(3)の支援対象は、前事業で支援する一部のプロジェクトであり、本事業では新規公募は行いません。支援スキーム(3)の支援内容は前事業に準じます。

各支援スキームの詳細はこちら[PDF:1.79MB]をご覧ください。

支援スキーム 知財PDの派遣先 支援内容
(1)研究機関派遣型 国プロを推進する研究開発機関等 次項目の(1)~(10)
(2)FA派遣型 国プロの資金提供元として国プロをマネジメントするFA 次項目の(1)~(11)
(3)指定継続プロジェクト派遣型 前事業で支援するプロジェクトのうち、INPITが支援継続を認め、指定した研究開発機関等 次項目の(1)~(10)

支援内容

知財PDは、決定された支援日数に基づき、プロジェクトのステージ(基礎研究ステージ、研究開発ステージ、社会実装ステージを想定)を鑑みて、以下の①~⑪に示す範囲内で支援内容を記した支援計画を派遣先に提示し、派遣先との合意を得て活動します。

①研究開発戦略・事業化戦略に基づく知的財産戦略策定支援

②プロジェクトに関連する知財(フォアグランド・バックグランドIP)の取扱い指針(知財ポリシー等)・取扱い手続きのルール(発明届等)策定、知財契約、管理体制、実務運用への助言等に係る支援

③プロジェクトが対象とする技術分野の特許情報調査・分析(パテントマップ作成等)に係る支援

④プロジェクト内で生まれる発明の発掘、発明の知財ポートフォリオ上での位置付け評価、 強い特許網を形成するための周辺技術・応用技術への展開に係る支援

⑤頑強な特許網を形成するための出願戦略等の支援

⑥ノウハウ・データ等の秘密管理等に係る支援

⑦プロジェクト参画研究開発機関におけるステージアップを指向した顧客セグメント・研究資金・試作品の検討、パートナー企業探索等に係る支援

⑧プロジェクト研究開発成果の創出・活用に向けたプロジェクト参画研究開発機関とパートナー企業間における共同研究の推進(共同研究成果の確認等)に係る支援

⑨プロジェクト参画研究開発機関のパートナー企業に対する事業化シナリオのプランニング、事業化シナリオ検証のためのSWOT分析等に係る支援

⑩プロジェクト参画研究開発機関におけるスタートアップ創立、コンソーシアム創設等に係る支援

⑪FA内での知的財産に関する研修やセミナー等を通じたプロジェクトマネージャーの育成に関する支援(FA派遣型に限る。)

その他、前記①から⑪に附帯する事項

知財PD派遣先の公募案内

知財PD派遣先一覧

知財PDの募集について

本事業の委託先である一般社団法人発明推進協会において知財戦略プロデューサーを募集いたします。応募方法等詳細については、下記リンク先をご参照ください。

過去の事業

過年度の国プロ支援事業は、以下をご参照ください。

[最終更新日:2024年5月20日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財戦略部 イノベーション・企画担当

電話:(代表)03-3581-1101 内線3909
E-MAIL:ip-sr05@inpit.go.jp