twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

IPランドスケープ支援事業

INPIT(インピット)では、中小企業等の経営層が持つ「経営」や「事業」の課題に対して、市場や事業、知財等の分析を通じた解決策のご提案を支援いたします。

知財をふまえた経営・事業戦略検討の必要性

いま、企業の強みは「見える強み」から「見えない強み(知財等)」へ変化しています。
そのため、企業の経営戦略や事業戦略を検討する際に、自社の「強み」やライバル企業の状況、市場や技術開発の動向などをふまえた戦略を策定するためには、知的財産の情報も加味することが欠かせません。
本事業では、「市場」や「事業」の情報に「知財」の情報を合わせた分析を行い、企業の抱える経営や事業の課題に対して、強みを活かした解決策のご提案をいたします。

本事業のご支援の流れ

  • 本事業では、経営層を交えた対話・分析・議論を通して経営や事業の課題に対する提案を支援いたします。
  • 本事業における支援業務は、INPIT(インピット)が委託した事業者により行われます。
利用申請~ご支援の流れの図

本事業の詳細について

本事業の詳細について、こちらの「事業説明資料」でご説明しております。ご興味を持たれた方は是非ご覧いただき、本事業へのご応募をご検討下さい。

また、特許情報の分析のイメージをつかみたい方は、INPIT(インピット)の過去の支援事業の事例集をぜひともご覧ください


2021事例集
[PDF:4.7MB]

2020事例集
[PDF:17MB]

2019事例集
[PDF:12MB]

公募の概要

公募の概要については下記をご確認下さい。また、詳細な要件は公募要領にて説明しておりますので、お申込みの前に必ずご一読下さい。

※公募要領については現在準備中です。

公募のスケジュール

公募は2年間で10回を予定しております。それぞれの公募時期には十分ご注意ください。

※こちらも決まり次第随時更新いたします。

公募の対象者

以下の1~7のいずれかに該当する方からの応募を受け付けます。

  1. 中堅企業・中小企業、個人事業者、中堅・中小企業者で構成されるグループ
  2. 地方公共団体
  3. 公設試験研究機関
  4. 都道府県等中小企業支援センター
  5. 商工会議所や商工会等
  6. 事業協同組合
  7. 大学、高等専門学校、高等学校等の教育機関 等

その他のご留意事項

  • 利用者様の費用負担はございません。(本事業での専門家への報酬は(独)工業所有権情報・研修館が全額支援します)
  • 特許情報分析を業として実施されている方は、応募対象外とさせていただきます。
  • 本事業に採択された場合には、INPITもしくはINPITが委託する事業者による、アンケート調査・ヒアリング調査や事例の開示に可能な限りご協力いただけること。ただし、開示内容につきましては、事前に応募企業様にご確認させていただきます。
  • 経営層様の参加が必須となるヒアリング・報告会がございます。事前に社内で合意を取ったうえでのお申込みをお願いいたします。
  • 本事業における支援業務は、INPIT(インピット)が委託した事業者により行われます。

事業に関するお問い合わせ先

「IPランドスケープ支援事業」事務局
PwCあらた有限責任監査法人
E-MAIL:jp_ipl_promotion@pwc.com

この記事に関するお問合わせ先

知財戦略部 営業秘密管理担当
電話:(代表)03-3581-1101 内線3841
E-MAIL:trade-secret@inpit.go.jp

※「IPランドスケープ」は、正林真之を権利者とする登録商標(商標登録第6000370号)です。また、本支援事業を含むINPITの各種事業が公益目的であることから、INPITによる当該商標の使用は、同権利者から包括的に許諾されています。

ページトップへ
ページの先頭へ戻る