twitter facebook youtube
文字の大きさ

検索

menu

事業に活かす特許情報の調査と知財活用

特許情報の調査・分析・活用について

  • 知的財産の権利化を進めるに当たっては、まず先行文献の調査をする必要があります。そんなとき、特許情報を収録した特許情報データベースが使われます。特許情報データベースには従来技術の多くが収録されているため、出願前の先行文献調査の段階だけでなく、研究開発テーマの選定段階研究開発の進捗段階においても広く使われています。
  • また、特定分野の特許情報を可視化した「特許マップ」からは、当該技術の開発の流れ、先行する特許網の確認、競合技術の開発動向などを容易に知ることができます。このため、「特許マップ」は、企業の事業戦略、知財戦略、研究開発戦略の策定や精緻化の過程において重要な参考資料の1つとして利活用されています。
  • 「特許マップ」等の参考としては、以下のサイトをご覧ください。

    特許出願技術動向調査等報告(特許庁のサイト)

  • なお、内外の公報情報を収録している特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)は、インターネットを介して、どこでも、どなたでも、無料で使える特許情報データベースです。平成29年度の検索・閲覧利用実績は、年間で1億3千6百万回以上でした。

講習会のご案内:特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使った特許情報の調査

  • INPIT(インピット)では、特許情報の調査と活用を促進する事業の1つとして、全国各地で「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)講習会」を開催しています。
  • 講習会では、講師がJ-PlatPatを使った基本的な検索方法を説明するだけでなく、受講者自身がパソコンを使ってJ-PlatPatの操作を実体験しながら、習得していただけます。
  • 定員には限りがありますので、募集が開始されたら、早めに申し込みをされるよう、お願いいたします。

〔注1〕この講習会は、INPIT知財情報部が実施している事業です。
〔注2〕この講習会で使われた教材は、上記Webからダウンロードできるようになります。

研修会のご案内:特許情報の調査・分析・活用

  • (初級)特許情報活用研修(簡易パテントマップを作ってみよう!)では、経営に役立つ知財戦略、中小・ベンチャー企業における知的財産の活用事例について学習するほか、特定技術分野の技術トレンド、リーディングカンパニーや協業の可能性のある企業(時には大学)を見いだす簡易パテントマップをJ-PlatPatにて作成し、その使い方を学びます。
  • 定員には限りがありますので、募集が開始されたら、早めに申し込みをされるよう、お願いいたします。

〔注〕この研修は、INPIT知財人材部が実施している事業です。

公募事業:特許情報分析支援事業

  • INPIT(インピット)では、中堅・中小・スタートアップ企業等における「特許マップ」の作成、先行技術調査等を支援する特許情報分析支援事業を実施しています。
  • 「事業構想~研究開発」段階では、「特許マップ」等により研究開発戦略の策定に役立つ特許情報の調査・分析を行い、効果的な研究開発を行えるよう支援します。
    また、「出願」段階では、アイデアシートや発明提案書を基にした「先行技術調査」等による分析を行い、権利化可能性の把握や知財戦略策定を支援します。

〔注〕この事業は、INPIT知財活用支援センター 知財戦略部が実施している事業です。

事業成長に役立つ知的財産の活用:標準化に向けた取組に対する支援

  • 自らがもつ得意技を発揮できるルールの下で事業活動ができれば、事業成長のチャンスは拡がります。
  • INPIT(インピット)では、日本規格協会と連携して、知的財産の活用の1つの手段である標準化に取り組む中小企業等を支援しています。

標準化・規格化の概要、標準化に取り組んだ中小企業等の事例については、下記の日本規格協会提供資料をご覧ください。

事業に活かす特許情報の調査と活用のメニュー

 

[この記事の最終更新日  2021年6月1日]

アドビリーダーの入手先へ 新規ウィンドウで開きます。

※PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。
詳細はダウンロードページをご覧ください(新規ウィンドウで開きます)。

※Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です

この記事に関するお問合わせ先

知財活用支援センター 企画調整担当

電話
(代表)03-3581-1101 内線3852
Fax
03-5843-7692

ページトップへ
ページの先頭へ戻る